TEL.096-353-4941

2023.10.27

馬刺しを食べて得られる効果は?摂取目安量や生以外の食べ方

馬肉は、豚肉や牛肉・鶏肉などと比べスーパーではあまり見かけません。お酒にも合うので好きな方は多いかと思いますが、食卓に並ぶことは少ないでしょう。

一方で、馬肉は美味しく栄養が豊富なだけでなく、美容やダイエットにも大切な栄養素が沢山含まれています。美味しく安全に馬刺しを食べるうえでの注意点や、馬刺し以外での調理法などもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

馬刺しが持つ栄養効果

意外に知られていませんが、馬刺しはさまざまな栄養素が豊富で、男女ともに嬉しい効果ばかりです。とくに鉄分が不足しがちな女性や、ダイエット中の方は積極的に取り入れることで身体の悩みや不調が改善される可能性もあります。馬刺しが好きということならば、栄養素や体への良い影響も理解し、効果的に取り入れましょう。

鉄分が豊富

馬刺しは鉄分がとくに豊富です。鶏肉や豚肉、牛肉に比べても馬肉の鉄分の豊富さはダントツなので、積極的に取り入れましょう。

貧血の多くは鉄欠乏性貧血というものであり、鉄分が不足することによって起こります。血液中に含まれるヘモグロビンの多くは鉄分によって構成されますが、このヘモグロビンが減少するとうまく酸素が体に巡らなくなるため、さまざまな不調がおこるのです。

20~40代の月経が起こる女性の多くは、貧血の症状に悩まされたことがあるでしょう。月経に加え貧血が起こると、めまいや倦怠感・集中力の低下や動機・息切れなどさまざまな不調につながり、仕事や学業にも影響が出ます。それを予防するためにも、女性はとくに鉄分不足を予防しましょう。

もちろん男女関わらず貧血は危険です。現代では、とくにカップ麺やインスタント食品による栄養不足が深刻化しています。利便性を求め簡単な食事で済ませる方も多いとは思いますが、男性でも貧血による立ちくらみなどが起こる場合があるので、鉄欠乏には気をつけるようにしましょう。

タンパク質も摂取できる

タンパク質といえば鶏むね肉のイメージがありますが、馬刺しにも豊富に含まれています。タンパク質は爪や髪の毛を作る栄養素であり、不足すると筋肉量の低下にもつながるので、健やかな生活を送るうえで欠かせない栄養素と言えるでしょう。

ダイエットをしている方やアスリートの方の中には「高タンパク質な鶏むね肉やゆで卵中心の食生活をしている」という方もいらっしゃいます。鶏むね肉以外にも美味しく飽きずにタンパク質を摂取する方法をぜひこの機会に知っておきましょう。

たしかに鶏むね肉はどこにでも安く販売していて入手しやすいですが、通販を利用すれば直接買いに行かずとも簡単に馬肉を手に入れられます。美味しく・さらにタンパク質も豊富な馬肉をぜひお試しください。

歯や骨の維持に欠かせないカルシウム

カルシウムは骨を強くすることで有名です。鶏や豚・牛のなかでも馬肉はカルシウム含有量がとても高く、馬刺しを食べれば豊富なカルシウムを得られます。カルシウムは歯や骨を形成するだけでなく、子どもから大人まで血液や筋肉の健康を維持し、成長を促進するための大事な栄養素です。

体脂肪になりにくい脂質

馬肉はお肉の中でもかなり脂質が低いほうです。脂質が気になっている方、普段脂っこい食事が多い方には、脂質やカロリーを抑えられるのでおすすめです。

それだけでなく、馬肉に含まれている脂質は不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、悪玉コレステロールの動きを抑えてくれます。加工品やお菓子、脂の多いお肉に多く含まれている飽和脂肪酸を、不飽和脂肪酸に置き換えることでLDLコレステロールが低下し、体脂肪が付くのを抑えられます。

馬刺しで得られる美容効果

馬刺しにはさまざまな美容効果があります。ダイエットだけでなく、肌や髪質など年齢とともに気になりだす部分のエイジングケアにも効果的です。美容・健康どちらにも大切なビタミンも豊富なので、ぜひ美容を気にする方は積極的に取り入れましょう。

低カロリーでダイエット向き

馬肉のカロリーは豚肉・牛肉と比べても半分ほどとかなり低く、ダイエット向きです。カロリーを抑えるためにお肉を我慢する方もいますが、お肉が大好きなのに痩せるためといって我慢するようなダイエットは長続きしません。

お肉を食べているという満足感も得られつつ、カロリーや糖質を抑えられる優秀な食材なので、ぜひ取り入れてみてください。

高タンパクで髪やお肌によい

タンパク質は、髪やお肌に大切な栄養素です。男女ともに普段の食事では足りないと言われています。鶏むね肉と並び、馬刺しのタンパク質は豚肉と比べてもかなり豊富です。意識して摂るように心がけましょう。

タンパク質が髪やお肌に必要とされる理由は、以下のとおりです。

  1. 髪は、そのほとんどがケラチンというタンパク質で構成されているから
  2. タンパク質が不足すると薄毛や肌のたるみの原因になるから

髪は、水分や脂質メラニンタンパク質によって構成されています。そのなかでも8~9割を占めるのがタンパク質です。そのタンパク質の中の9割は、ケラチンタンパク質という成分で構成されています。

加齢とともに頭皮の皮脂量や髪の潤いがなくなっていき乾燥するなどの悩みも増えます。髪の角質層を形成するケラチンタンパク質が不足すると、髪の調子が悪くなるだけでなく、育毛・発毛に関わり薄毛の原因となるので、タンパク質を意識して健康な髪を守りましょう。

また、タンパク質不足による筋力低下は、顔の筋肉と皮膚がたるむことにつながります。馬刺しのようなタンパク質が豊富な食材を摂取し、若々しい肌を保ちましょう。

お肌に必要なコラーゲンをつくる

お肌に大切な栄養素としてコラーゲンが有名ですが、そのコラーゲンもタンパク質の一種です。充分なコラーゲンは肌の弾力やハリを保ち肌荒れも防ぐため、若々しい肌の維持につながるといえるでしょう。

とくに、馬刺しの「たてがみ」にはたっぷりのコラーゲンが含まれています。脂肪分がありますが、コリコリとした食感とあっさりとした口当たりで女性にも人気な希少部位です。

ビタミンB3が含まれている

馬刺しには、ビタミンB3がたっぷり含まれています。ビタミンB3には代謝や神経伝達を助けるはたらきがあり、皮膚を守ることや、精神の安定のために必要な栄養素です。美容と健康に欠かせない栄養素といえるでしょう。

ビタミンB12で睡眠を整える

馬刺しには、牛肉・豚肉・鶏肉と比べてかなり多くのビタミンB12が含まれています。良質な睡眠は美容には欠かせない要素のひとつです。ビタミンB12には、睡眠リズムを整えるはたらきがあります。

成長ホルモン・老化防止に役立つメラトニンの分泌量が増加することにより代謝の促進にもつながる大事な栄養素です。睡眠の質が悪いと感じる方にはとくに、馬刺しでの美容・健康効果が期待できるでしょう。

ビタミンEは若返りの秘訣

馬刺しには、ビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは抗酸化作用があり「若返りの栄養素」と呼ばれるほどです。

ビタミンE不足により抗酸化作用が低下していくと、過酸化脂質が細胞を傷つけ、さまざまな病気を引き起こします。抗酸化作用によって血液や美容に必要な栄養素も循環していくので、老化を防ぐ・美容を保つためにとても大切な栄養素といえるでしょう。

馬刺しの食べすぎはNG

ここまで馬刺しを食べることによるメリットをたくさんご紹介しましたが、食べ過ぎはNGです。美容や健康に効果的な栄養素が含まれていても、食べ過ぎにより体調を崩してしまっては元も子もありません。

馬刺しを食べる際、とくに注意すべき点や適切な摂取量をご紹介します。おいしく・適切な馬刺しの楽しみ方ができるよう、以下のことを留意しておきましょう。

食中毒のリスク

馬刺しは生の肉なので、食中毒の危険は0ではありません。馬に発生する寄生虫としてサルコシスティス・フェアリーがあり、下痢や嘔吐腹痛を引き起こすことがあります。しかしこれは冷凍処理されていれば防げるので、必ず確認してから食べるようにしましょう。

当店の馬刺しは、鮮度を保てるようその日のうちに真空し、殺菌・冷凍加工して全国へお届けしています。今まで勇気が出なかったという方も、ぜひお試しください。

とはいえ馬肉は、もともと牛・豚・鶏などさまざまな食肉のなかで一番安全といわれています。その理由は、馬の体温がほかの食肉に比べ5~6度ほど高く、寄生虫が住みつきにくいからです。適正な処理がされている馬刺しを、美味しく・安全に食べましょう。

プリン体の過剰摂取による痛風

馬刺しはほかの肉に比べるとプリン体がやや多く含まれています。プリン体の過剰摂取により痛風になると、尿酸という物質が関節に強い痛みを引き起こします。しかし馬刺しをたまに食べる程度では、とくに気をつけるほどのプリン体の量ではありません。

馬刺しの摂取目安量

馬刺しは、部位によって100gあたり60~150mgのプリン体を含んでいます。「高尿酸血症・痛風のガイドライン」によると1日のプリン体の量は400mg以下に抑えることが推奨されています。普段からプリン体が気になる方はとくに、ほかの食事とのバランスも見て調整しましょう。

また、馬刺しに限らず肉の食べ過ぎによる消化不良にはお気をつけください。1日の摂取目安量として50~150gほどを、よく噛んで食べるようにすることをおすすめします。

馬刺し以外の食べ方

シンプルな馬刺しもよいですが、ほかにもさまざまな食べ方で飽きずに楽しめるのが馬肉の魅力です。お酒に合わせてみたり、その日の気分でアレンジしてみたり、ぜひお好みの食べ方を見つけてみてください。

馬肉ユッケ

お酒にも合うおすすめの食べ方は、馬肉ユッケです。馬刺しに飽きたという方や、臭みを感じるという方も美味しく食べられます。

【調理例】

  1. 好きな量の馬肉を細切りにする
  2. 醤油・砂糖・ごま油・コチュジャンを4:1:1:1で混ぜ合わせる
  3. お好みで擦り下ろしたにんにく・生姜を2に入れる(馬肉の臭みが気になる場合は多めに)
  4. 馬肉とタレを混ぜ合わせ皿に盛り、卵黄や大葉、白ごまなどをトッピングして完成

辛味が好きな方は豆板醤を少し入れても美味しく食べられます。ぜひお試しください。また、当店は専用のタレ付きの「馬刺しの桜ユッケ」も全国へお届け可能です。やわらかいラムの部分を職人が厳選しており、カットの手間も省けます。ぜひ一度ご堪能ください。

ローストホース

続いてのおすすめの食べ方は、ローストホースです。生肉に抵抗のある方におすすめな食べ方ですが、完全に火を入れるわけではないので馬肉のやわらかい触感は損なわれません。ご自宅で調理する際は、ミディアムレアくらいのイメージで仕上げましょう。

【調理例】

  1. できれば馬肉は30分ほど常温に出しておく
  2. ブロック状の馬肉に塩コショウ、擦り下ろしにんにくを揉み込む
  3. 油をしき熱したフライパンに馬肉を置き、強火で全面に焼色をつける(余熱で火を通すため、焼色が付けばOK)
  4. 全面に焼色がついたらアルミホイルにくるみ、30分ほど寝かせる
  5. カットして完成

強火で一気に表面を焼いてから寝かせることで、馬肉の中に旨味がぎゅっと閉じ込められます。シンプルな塩コショウでも美味ですが、お好みで玉ねぎのドレッシングや醤油をかけてお召し上がりください。

馬肉ステーキ

厚さ1cmほどにカットした馬肉をフライパンやホットプレートなどで焼けばステーキも楽しめます。こちらも火を通しすぎず、ミディアムレアくらいに焼くと美味しく食べられるでしょう。火を通しすぎると固くなってしまうのでお気をつけください。

馬刺しの摂取効果や摂取目安についてご紹介しましたが、馬刺しを冷凍で購入することもあるでしょう。こちらでは、正しい馬刺しの解凍方法について解説し、ドリップの処理方法や解凍後の賞味期限について解説していますので、あわせてご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 馬刺しはさまざまな栄養素があるため、美容や健康によい効果がある食材です。馬刺しによるダイエット効果やアンチエイジング効果だけでなく、良質な睡眠を心がけることや体の循環機能を気にかけることはとても大切です。美味しく安全に食べていただけるよう、摂取目安量を守りながら食生活に取り入れてみてください。

また、馬刺し以外のレシピも3つご紹介しました。肉の大栄では幅広い部位の馬肉を取り揃えているので、さまざまなレシピをお楽しみいただけます。職人の確かな目利きによる品質のよい馬刺しを、ぜひご自宅でお試しください。

肉の大栄 オンラインショップへ